ボッコボコのふるぼっこ

34歳間も無く無職の現在、過去、未来、あとなんかそういったアレ

クラウドワークスをめんどくさがりながら始めてみる

さぁいよいよインフルエンザの脅威も去り、ようやく明日より無事職場に復帰することに相成った訳なのだが、前にも記したようにこの職場、今月いっぱいで退職することが確定してる。

 

何か次の仕事が決まっていての離職ならなんて事はないのだけど、なんせ勢い任せにか細く「む、、、難しいです、、、」なんていったしまったものだからこの先の見通しというか展望が全くない状態である。

 

今回インフルエンザにより「暇で暇でしょうがない病」にかかった私はこのなんだかよく分からないカオスなブログを書き始めたわけだが、これも暇を紛らわす為ともうひとつ「先の事を直視したくない」というただの逃避行動から始めたという事実は認めざるをえないところである。

 

そんな私も色々な事を考え、自営業を始めようか、、ボランティアを始めようか、、、世界中を飛び回ってやろうか、、等々色々と思いを巡らした結果一つ決定的な事を直視せざるを得なくなった。

 

お金が無いぽ

 

我輩はクズである。数え挙げればキリがない私のクズを証明するクズエピソードを長々と公開する事などもはや何の抵抗もなくなってきてはいるものの、あえて自分を愛してあげたいのでそれは一旦棚上げしておく事にする。(なんせクズなもので)

 

お金が無い、さらに貯金もない、今月の月末に貰う最後の給料で私の収入はストップしてしまうのである。大問題だ。どげんかせにゃあかんとは思うのだが、先の事を考えれば考える程に私の中の人が膝を抱えてガクガクブルブルしているのが解る。

 

そんな中とりあえずやってみよう、なんでもいいからやってみよう、と昔登録だけして仕組みがよく分からず放置していたクラウドワークスを久しぶりに覗いてみた、、

色々なお仕事があるのはよく解る、しかし私の最弱スキルでは所詮「話す」「調べる」くらいの事しかできない。なにかいいものはないもんかとタスク系の仕事を2、3件やってみるものの報酬は200円程、、しかもここから手数料を引かれ実際は100円未満の報酬しかもらえないのだ、、。

 

やってられん。

 

タスク系の仕事は私の意欲を見事に奪おうとしていた、、だがまぁ落ち着いてもうちょっと報酬のいいプロジェクト系の仕事に応募してみる事にした。結論からいうと

 

めんどくせぇ、、。

 

そもそも以前クラウドワークスに登録した時にもこのプロジェクト型(クライアントと契りを交わし定期的に仕事をする型、違ってたら笑って許して下さい)というのに応募しようとしたのだが以下の理由で応募するのをやめた。

 

1.契約を結ぶための具体的なメッセージの書き方が思いつかなすぎる

2.未知数の事が多すぎて尻込みしちゃう

3.自己紹介めんどくせぇ

 

まぁとにかく「めんどくせぇ」の一言で要約し前回は敵前逃亡を決め込んだわけだが、今回は「とにかくやってみる」を旗に掲げている事もあり、逃亡するのをぐっと我慢し、竹槍バンザーイとばかりに爆死覚悟で適当な自己紹介文と適当なメッセージを書いて応募してみたのである。

数時間経過して既読or未読スルーされちまったか?当然だよな俺キモイもんな、、なんてセンチメンタルな気分になっているところに返事がきた。「とりま一緒にがんばりましょ、とりまテストするんでやってみて」的な返事だった

 

おっしゃぁ!適当に書いたのにとりあえずテストしてくれるってよ!!

 

おそらく応募すればもれなく全員にこういう返信をしているのだろう、そんな事は分かっているけどついつい小躍りしてしまった。

私が今回応募した仕事は、まとめサイトのライターだ。トリマまとめ記事書いてみてっていうのが向こう側からのテストなのだが、専用ツールだの、指定のキーワードだの、、文字制限だの、、あれだのこれだのと制約が多くて鼻血がでそうになっている。

当然仕事なのだから、こういう事は想像していた事だが色々と未知すぎて全然進んでいない

 

めんどくせぇ、、

 

しかし何事も経験だ、とりあえずやってみなくては何事もわかりゃあしないのだから、クズは黙ってやるしかないのである。

制約がある文を小1時間書いたあとに、全く制約のない自分のブログを書くとなんと気持ちのいい事か!いつもある当たり前の事に感謝するのを忘れてはいけないとクラウドワークスが教えてくれている様な気がしました。