ボッコボコのふるぼっこ

34歳間も無く無職の現在、過去、未来、あとなんかそういったアレ

その豚等にエサを与えないで下さい

本日は少しシリアスなお話をさせて頂きたい。

まったくもって理不尽な事がこの世の中にはまだまだ蔓延っていて、またそれを面白がる精神の人間も一杯いて、あー気持ちわる〜ってお話です

 

つい先月の事だが高校時代の友人が久々に連絡してきた、内容としては彼の友人(仮名:サラダくん)が都会に疲れ果てたので私の住んでる田舎に引っ越してくるそうなので知り合いになってあげて欲しいとの事だった。

二つ返事で承諾しこちらに移住してきてから軽く連絡をとり一度会う事になった。

 

サラダくんはとてもいい人で、人を簡単に傷つけたり、蔑んだりするような人間では無い事は会ってすぐに分かった。

しかしサラダくんは良い人が故に都会での人間関係、取り巻く環境によって心をズタズタにされていた、それはそれはズタズタだ、ぞうきんの如くズタズタだ。

おかげでサラダくんは精神に幾ばくかの疾患を負わされ、着の身着のままコッチに移住してきたって訳だ。

それから何度か酒なども酌み交わし、すっかり打ち解け、彼の抱えている疾患についても話し合ったりもした、疾患を負わせた人間達の話も聞いた。

 

実は今さっきもサラダくんから都会時代のまだそこそこまともだと思ってた人たちからライン等で攻撃されていると連絡があった、スクショなどでその会話を見させてもらったがまぁガラの悪い40近くのオッさんやら、化粧の濃い汚いギャルみたいのから中々胸糞の悪くなる攻撃を受けていた、、

ぶっちゃけ、いい歳したおじさんおばさんがいつまでそんな事してるんだ?40歳から入れる幼稚園を私が全力で政治家に訴えて作ってもらうから、そこに入る為の勉強をあと数年がんばってシニア幼稚園の入園テストを受けてくれ!そして落ちてくれ!どっかいってくれ、と思った

 

この人等は多分いつまでたっても集団の中で自分が苛められない様に必死に頑張り、人を見下し、馬鹿にし、蹴落とし、自分が偉くなったと勘違いし、我が物顔で全てを蹂躙していくんだろう永遠に、、

 

サラダくんは必死に反撃しようと目論んだりもしていたが全力で止めた。私は知っている、彼らを倒すには彼らにエサを与えない事だ。

彼らのエサとはつまりこちら側の反応だ。怒り、怯え、憤慨、へりくだり、愛想笑い、仕返し、オウム返し、嘲り、、etc、、どんな対応だろうと反応は反応、相手は嬉しくなってしまうものだ。

 

彼らにエサを与えない様にするにはとにかく無視!無視以外の対処法は無いと言っていい。勿論今回は物理的な距離が離れているために向うもLINE等のネットワーク経由でしか攻撃できないので効果てき面なのである。これが毎日顔を合わす様な距離だと無視したくても無視できなかったりするので難しいが今回はそうではない、LINEならブロックしてしまえばいい、電話は着信拒否だ!

 

まぁ私が思うところ、今までの悪い付き合いを完全に断ち切りゼロから良い付き合いを構築していけばいいだけの話だと思う。

 

最後に私が尊敬するブッダさんの名言で締めくくりたいと思う。

 

「あなたが家で客人に差し出した食事を、もしその客人が食べなければ、その食事は結局あなたのものになるだろう。それと同じように、私はあなたが差し出した悪口を受け取らない(食べない)。その悪口は、差し出したあなたのものだ。そのまま持って帰るがよい」

 

f:id:burigburing:20161202031011j:plain

ブッダさんかっけー!!